宮崎ではじめて家を建てる人のための家づくり応援サイト

宮崎ローコスト住宅で人気のハウスメーカー工務店ランキング

公開日:2020/02/21 更新日:2024/05/25

宮崎のローコスト住宅で人気のハウスメーカー工務店はどこ?

「800万円の家」「1000万円の家」「1500万台の家」といった価格帯のいわゆる”ローコスト住宅”を宮崎県でも多く建てられています。1000万〜1500万で建てられる家は、家賃並みの支払いで暮らせることが魅力です。

ローコスト住宅を建てる場合、

  • 宮崎のローコスト住宅の特徴は?
  • 宮崎のローコスト住宅の価格は?
  • 平屋住宅もローコストで建てられるのか?
  • 自分に合うハウスメーカーってどこ?

というところが気になる方が多いです。

そこで、ローコスト住宅で評判のいいハウスメーカー・工務店を紹介します。宮崎でもローコスト住宅を取り扱っているハウスメーカーがたくさんあります。

宮崎で1,000万円以下の家や1000万円代の家、1500万円前後の家などのローコスト住宅を提供している評判のいいハウスメーカー・工務店をまとめました。
「宮崎でおすすめ工務店・ハウスメーカーにまとめて資料請求」から資料請求することでおうちで資料をじっくり見ることもできます。

宮崎でローコスト住宅を建てるなら、工務店やハウスメーカーに資料請求をするで価格を比較しやすいのでおすすめです。さらに、ローコスト住宅の目安価格ができるので本当に高いのか安いのかの判断材料にもなります。

デイジャストハウスの月々3万円台からの家づくり

デイジャストハウス 月々3万円台からの家づくり

都城市に店舗を構えるデイジャストハウスは、注文住宅よりリーズナブルで、建売住宅よりも自由、低価格なのに高品質な住宅ブランド。

デイジャストハウスは、鹿児島県で多くの建築実績がある国分ハウジンググループが運営しています。

ライフスタイルにあわせて選べる4つのデザイン、1000万円台で建てられる豊富なプラン、充実した設備・仕様で人気です。

わかりやすい価格設定として基本7プライスの料金システムを採用しているので、宮崎でローコストでおしゃれな家を建てたいという方はぜひチェックしてみましょう。

デイジャストハウスの価格例

  • 2階建て 21坪 建物価格1,430万円
  • 2階建て 24坪 建物価格1,540万円
  • 2階建て 27坪 建物価格1,620万円
  • 2階建て 29坪 建物価格1,670万円
  • 2階建て 32坪 建物価格1,750万円
  • 2階建て 35坪 建物価格1,870万円
  • 平屋 24坪 建物価格1,650万円

日大建築のローコスト住宅「オシャレで居心地のいい家」

ハワイアンリゾートのような明るい日差しが差し込む平屋 - 日大建設

日大建築は、昔ながらの在来工法で木をふんだんに使った暖かい木の家を提供しています。

また木の家だけではなく、様々なスタイルを得意としており「カリフォルニアスタイル」「ナチュラルテイスト」「開放感のあるリビング」など建てたい要望を形にできる対応力が魅力です。

ローコスト住宅だけでなく、中古住宅をリフォームしたい方や温もりのある杉の家にしたい方などお客様の希望に真摯に向き合っています。

藤建設のローコスト住宅「ZERO-CUBEシリーズ」

藤建設は、シンプルな四角形な外観が特徴のZERO-CUBE(ゼロキューブ)シリーズを提供しています。

ZERO-CUBE+FUN(ゼロキューブプラスファン)は、グッドデザイン賞2010を受賞した商品で1,000万円の価格から建てる事ができることが魅力です。1,000万円の価格から、バルコニーや部屋を追加などのオプションを付けることで自由にカスタマイズすることができます。

藤建設のコンセプトは、1000万円からはじめる家づくりです。グッドデザイン賞を受賞したZERO-CUBEシリーズや、北欧スタイルなどシンプルながらも暮らしに溶け込むスタイルのローコスト住宅を提要しています。

ハミングホームのローコスト住宅「安くてよい家」

ハミングホームは宮崎県新富町・西都・児湯・佐土原を中心に「安くてよい家」を提供しています。

「家造りを通してお客様を120%幸せにすること」を理念に掲げローコストでありながら、お客様の暮らしをより良いものにするために力を注いでいます。

ハミングホームのローコスト住宅は天井が高く梁をみせた内装が特徴です。また全国規模の建設ネット「アキュラシステム」という価格システムを採用していますので、家づくりに関する費用すべてを単価設定し見積もりをわかりやすくしています。

睦屋ホームのローコスト住宅「スエルテ」

睦屋ホームは、本体・建築諸費用込みで1,195万円~のローコスト住宅「スエルテ」シリーズを提供しています。

設計士が在中しているので、建てたい理想の家を一緒に考え形にできることが特徴です。プランも豊富でホームページから15のプランを見ることができます。

注文住宅のほかに、店舗の設計や施工、リフォーム・メンテナンス、土地の開発・販売や分譲住宅の販売・宮崎のモデルハウスの展示などを行っています。

フリーダムホーム(川上建築)のローコスト住宅「安くていい家を提供」

フリーダムホーム(川上建築)は、建物本体以外に屋外給排水工事費・仮設工事費など暮らしに必要な道具もすべてコミコミ価格1,270万円〜提供しています。

ハウスメーカーと同等の家を30%安く建てることをモットーとしています。

また10年間の保証制度がありますので、適切なお手入れをしてもらい新築時の良い状態を長く保つことができます。勾配天井の木の家が特徴です。

フリーダムホームでは、毎月現場見学会を開催し「坪50万円以上の家と30万台の家はなにが違うのか?」「本当のところいったいいくらで家ができたのか」「業者に手を抜かせない現場のポイントは?」「子育て世代の家づくりの基準とは?」といったところを伝えています。

松浦工務店のローコスト住宅「感動を与える家造り」

松浦工務店は、「一棟入魂」を家づくりのモットーとし、地元宮崎産の木材を利用した木造住宅を提供しています。

一棟一棟、精魂込めた丁寧な家づくりで宮崎の気候・風土に適した家を追求しています。

ローコスト住宅では、シンプルな外観が特徴のゼロキューブを1,000万円の価格から提供しています。

浜砂住建(FREEQ HOMES)のローコスト住宅「自分らしくカスタマイズできる家」

浜砂住建のFREEQ HOMESは、国産材を使い自然素材の家づくりを行っています。

天然の無垢材を構造に用いた建築物は、歴史ある木造建築にも用いられているのでメンテナンスや補修をすることにより100年先まで暮らせる家となっています。床も自然素材で月日が経っても木の家を感じられることが特徴です。

丸山コーポレーションのローコスト住宅「スマートゼロボックス」

丸山コーポレーションは、月々5万円という家賃並みの支払いで建てられる高性能スマートハウス「スマートゼロボックス」を提供しています。

スマートゼロボックスは、坪数別の320パターンのプランで立地にあった住まいを建てることができます。

コンセプトは、“ちょうどいい”理想の暮らし。安すぎないローコスト住宅でちょうどいい理想の暮らしを提案します。

宮崎でもローコスト住宅を実現できるハウスメーカーがたくさんあります。

「宮崎でおすすめ工務店・ハウスメーカーにまとめて資料請求」から資料請求することで、資料を家族みんなでゆっくり見たり比較しやすいのでおすすめです。

さらに、ローコスト住宅の価格の目安ができるので、「本当にこの家は、高いのか?安いのか?」という価格の判断材料にもなります。

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは、一般的な注文住宅に比べて低予算で建てられる住宅のことです。ローコスト住宅は、土地取得費用を含まない建築費1,000万円台までの住宅のことをいう場合が多いです。

住宅にかける予算を抑えることで、月々の住宅ローンの支払いに余裕ができるので、家賃並みの支払いで暮らせることが魅力。

ローコスト住宅の価格相場は、平均坪単価30万~50万円が目安で、30坪の新築一戸建てでも1,000万円台でマイホームが購入できます。
一般的な注文住宅の平均坪単価が80万円前後であることを考えると、ローコスト住宅の価格の安さがわかります。

間取りや内装、設備を規格化し、材料を一括で仕入れることで材料費を安く抑え低価格を実現しています。

低予算でマイホームが手に入るローコスト住宅は全国的にも注目されており、多くの大手ハウスメーカーや地域密着型の工務店などがローコスト住宅を展開しています。

宮崎県の注文住宅の予算相場

ローコスト住宅を建てるために、宮崎の注文住宅の予算相場がどれくらいなのかを把握しておきましょう。予算相場を知っておくことで「資金計画」や「このローコスト住宅は本当に安いのか」の参考になります。

地域 土地あり費用 土地なし費用
宮崎県 3,482.9万円 3,977.2万円
全国平均 3,715.2万円 4,694.1万円
首都圏 4,015.9万円 5,406.1万円
近畿圏 3,990.5万円 4,893.8万円
東海圏 3,788.0万円 4,693.9万円

※フラット35利用者を調査した住宅金融支援機構の調査結果(2023年8月3日)

ローコスト住宅のメリット・デメリット

低予算でマイホームを建てられるローコスト住宅ですが、メリットやデメリットがありますので紹介します。

ローコスト住宅のメリット

  • 一番の魅力は、価格が安いこと
  • 毎月の住宅ローン返済の負担が少ない
  • 完成までの工期が短い
  • 自己資金(貯金)が少なくても家を建てやすい
  • 価格が安いため、建て替えがしやすい

ローコスト住宅のデメリット

  • 間取りや設備に制限がある
  • 標準装備がどこまでなのか確認が必要
  • オプションが高いことがある
  • オプションの追加で予算オーバーになりやすい
  • メンテナンス保証やアフターサービスが少ない

ローコスト住宅で後悔しないためのポイントを紹介

マイホームは人生で何度も建てるものではなく、多くの人は初めての注文住宅づくりに戸惑うことも多いでしょう。ここでは、ローコスト住宅で後悔しないための5つのポイントを解説します。

理想のローコスト住宅のイメージを持ち、自分にピッタリの間取りを見つける

まずは自分たちのライフスタイルや家族構成に適した住まいのイメージを具体的にしましょう。

もちろん、いきなり間取りを考える必要はありません。
例えば「家族が自然と集まるリビングが欲しい」「ペットと快適に暮らせる住まいにしたい」「老後も安心して過ごせる家づくりにしたい」など、家のコンセプトとなるようなイメージから考えましょう。

家のコンセプトが決まったら、コンセプトを実現できる間取りや設備をハウスメーカーや工務店と相談しながら考えていきます。
家のコンセプトは設備やオプションを考えるうえでも取捨選択する判断基準になります。
予算内で理想のマイホームを実現するためにも、まずは住まいのイメージを固めましょう。

イメージをもつために、ローコスト住宅について勉強する

住まいのイメージをより具体的にするには、ローコスト住宅について知っておくことが大切です。
建築の専門知識までは必要ありませんが、家づくりの基礎知識が全くないと、ハウスメーカーや工務店主導の家づくりになってしまい、完成してから「イメージと違った」と後悔する可能性もあります。

例えば基本的な家の構造や建築方法の名前を知っているだけでも打合せがスムーズになり、こちらのイメージを伝えやすくなります。

ローコスト住宅について勉強する際は、インターネットや住宅関連の本や雑誌を活用するのが手軽です。
ただし偏った情報にならないためにも、複数のサイトや書籍に目を通して、いろいろな考え方があることを知っておきましょう。

また住宅展示場やモデルハウスを訪れるのも有効な方法です。
住宅展示場やモデルハウスでは、実際の建物のイメージや設備、オプションの使い勝手などを確認できます。またそれぞれのメーカーの特徴を知ることもできるので、依頼する住宅会社を選び際にも役立ちます。

資金計画で予算を明確にし、オプションを慎重に選ぶ

ローコスト住宅でありがちな失敗に、予算が想定よりオーバーしてしまうことです。
家づくりの初期段階から資金計画を立てておきましょう。

住宅ローンを組む場合は、将来的な家計の変化も見据えた現実的な返済シミュレーションをすることが大事です。

また資金計画を立てる際は、不動産会社やハウスメーカー、工務店が行う「資金計画セミナー」を活用するのもおすすめです。
資金計画セミナーでは、家づくりにかかわるお金のことが相談でき、住宅ローンの返済プランの提案や世帯年収から見る住宅購入のタイミングなどがわかります。

理想の家を建ててくれる住宅会社を選ぶ

注文住宅は、どの会社に依頼するかも重要なポイントです。
自由に設計できる注文住宅だからこそ、各メーカーには個性があります。
自分のイメージする住まいにぴったりのハウスメーカーや工務店を選ぶためには、各社の特徴や強みを事前にリサーチしておくことが大切です。

住宅会社を調べる際は、まずは各社の資料請求を行いましょう。
資料を読み込んで、イメージに合う会社があれば住宅展示場やモデルハウスの見学を予約して、担当者から具体的な話を聞くのがおすすめです。

納得できるまで打ち合わせをし、質問や相談をする

マイホームは人生においても大きな買い物です。
家づくりを依頼する会社との打ち合わせでは、妥協せずに納得できるまで話し合いましょう。
気になることやわからないことは持ち帰らず、打合せの場で担当者に質問します。
また「今更遅いかな」「これはさすがに無理だろう」など自己判断せず、実現したいことはどんどん担当者に相談しましょう。

なぜ価格の安い家を建てられるの?

ではなぜローコスト住宅は、低予算で住宅を建てられる理由は材料費、人件費、広告費の削減にあります。

ローコスト住宅では、間取りや内装、設備を規格化し、材料を一括で仕入れることで材料費を安く抑えています。

またシンプルなデザインや間取りを採用することで、施工時の工数を減らし、工期の短縮や人件費の削減も実現し、さらに過度な宣伝を行わず、広告費用も極力削ることで、一般的な注文住宅の半額近くの価格を可能にしています。

価格が安い反面、設備や内装のグレードが低く、オプションを追加するとコストが上がってしまうというデメリットもあります。

そのため必要なオプションを上手に見極めて、価格を抑えながらもおしゃれな住まいを実現するポイントを押さえておきましょう。

ローコスト住宅を取り扱うハウスメーカーや工務店は、多数あります。

ご自身の理想とする住まいづくりと、現実的な資金計画を照らし合わせて、信頼できるハウスメーカーや工務店に相談してみましょう。

理想の住宅メーカーをお探しの方は、以下の参考ページもご覧ください。

 

タテルヤ編集部です。宮崎で新築マイホームを夢みる人と宮崎の家づくりのプロをつなげるためにサイト運営しています。

ホームページ:https://tateruya.jp/miyazaki/

宮崎でおすすめの工務店・ハウスメーカーに

まとめて資料請求 (無料)

このページを見た人はこんなページも見ています

エリアから宮崎の工務店・ハウスメーカーを探す

こだわりから宮崎の工務店・ハウスメーカーを探す